人気ブログランキング |

タグ:坂由香里 ( 20 ) タグの人気記事

本日から本藍染による染め直しの取り次ぎはじめます

b0173176_12113488.jpg


最近、服の染め直しのご相談が増えてまいりました。
知っている範囲でご紹介しておりますが直接依頼するのはハードルが高いことも。
そこで、藍染作家の坂由香里さんにご協力をいただき、
UTOKUで本藍染の染め直しの取り次ぎをさせていただくことになりました。

坂由香里さんは天然灰汁醗酵建ての藍染作家さんで、
UTOKUで作品展をしてくださったり、
yohakuさんやHUIS.さんの製品染めも担当されていて、
画像の本藍染のロングシャツはHUIS.の定番として通年販売されています。

買ってはみたものの出番がなく、
違う色だったら出番があるのにな...という服や
まだまだ着たいのに色褪せが気になる…
という服をお持ちの方はぜひお試しください。

なお、UTOKUで取り次ぎ可能なものは原則として
UTOKUでお求めいただいたお洋服に限定させていただきます。

店頭に色見本をご用意しております。
注意事項などもございますので、
まずは染めたい服と糸切ばさみをお持ちのうえ、
店頭でご相談ください。

ご来店が難しい方は下記リンクから、
坂さんに直接依頼することもできますので、ぜひご利用ください。


sayu 坂由香里 天然灰汁醗酵建て



















by cafe-utoku | 2019-10-22 12:29 | 日々

yohakuの服、坂由香里の藍染の服~ありがとうございました♡

b0173176_13411246.jpg

「yohakuの服 、坂由香里の藍染の服」が昨日無事に終了しました。
お運びくださいました皆様、誠にありがとうございました。
そして今回もたくさんのお洋服を託してくださったyohakuさんと、
この企画展のために新作をご用意くださった坂由香里さんに心より感謝申し上げます。

UTOKUでのポップアップは実店舗に足を運ぶことが難しい方のご利用が多いので
vol.11も開催できるよう渡辺社長と坂さんにお願いしてみたいと思います。
良いご返事がいただけますように。。。

さて、定休日を挟んで1/29(火)からは
UTOKUでは初めてのご紹介となる
「HUIS./遠州織物の服」がはじまります。
最終日の2/2(土)にHUIS.の松下さんが
はるばる浜松からお越しくださることになりました。
製品の成り立ちやこだわりを直接お聞きできる貴重な機会ですので
この機会をお見逃しなく。

HUIS.のロングシャツを染色した坂由香里さんの作品は
HUIS.の展示会でも引き続きご注文をお受けいたしますので
日本の伝統的な織物と藍染のコラボレーションを
この機会にぜひ、お手に取っていただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


 
++++++++++++++++++++++

HUIS./遠州織物の服

会期:2019年1月29日(火)~2月2日(土) 
 ※メーカー在廊日:2/2(土)
販売:HUIS .
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00


b0173176_15474748.jpg













by cafe-utoku | 2019-01-27 17:23 | 日々

「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」は明日が最終日です



「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」は明日が最終日です。

画像は縫製工場の作業風景。
yohakuの製品のほとんどがこの工場で生まれています。


b0173176_16102379.jpg


カットソーを編む作業を見守る渡辺社長。
多くの方々の手を経て生まれた製品たち。
大切にしたいとしみじみ思います。


b0173176_16101926.jpg


yohakuの服と坂さんの藍染の服を
UTOKUでご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。




 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。

















by cafe-utoku | 2019-01-25 06:48 | 日々

坂由香里/藍染の遠州コットンロングシャツ

b0173176_13222833.jpg


「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」もあと4日となりました。

今日は坂由香里さんの天然灰汁発酵建て藍で染色した
無地のロングシャツのご紹介です。
ベースとなっているロングシャツは来週から5日間
展示会をしてくださるHUIS.の遠州織コットンの製品。
ボタンも藍染に合う特別なものを配したという
坂さんとHUIS.のコラボレーション作品です。
シャツと羽織りの2wayでお使いいただけるうえ、
男女兼用ですので、ご夫婦やご家族で共用するのもおすすめです。
受注販売のため、ご注文から4週間ほどでお渡しとなります。



藍染の原料は藍の生葉を長期間かけて発酵させたスクモ。
現在、スクモを作る藍師の方は数人しか残っておらず、
スクモの入手が年々困難になっていると聞きます。
そして藍染は色の変化を楽しむ染物。
長くお使いいただくためにはベースとなる服が良質であることも重要で
遠州織物であれば生地の変化も含めて長くお楽しみいただけます。
染めと織物という日本のすばらしい手仕事が今後も続けていかれるよう
ひとりでも多くの方に手にしていただけたらうれしく思います。


yohakuの服と坂さんの藍染の服を
UTOKUでご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。




 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。














by cafe-utoku | 2019-01-23 06:42 | 入荷情報

坂由香里/Tシャツ素材の藍染シャツ

b0173176_12281990.jpg





1/26まで開催中の「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」より
坂由香里さんの天然灰汁発酵建ての藍染作品のご紹介です。

yohakuのオリジナルテキスタイル「1×1(イチカケイチ)天竺」
で仕立てたグレーベースのシャツに、
生地の表情を損なわぬように藍でほんの少しだけ模様を加えた作品。
linenu worksの遠州織のサルエルパンツと合わせてみました。
伸びる素材ならではのシャツの着心地とともに、
藍で描いた花の表情をお楽しみいただけたらうれしく思います。


藍染は色の変化を楽しむ染物。
長くお使いいただくためには、ベースとなる服が良質で丈夫でなければと
探し求めて辿り着いたのがyohakuさんだったそうです。


UTOKUでyohakuの服と坂さんの藍染の服を
ご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。



 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。











by cafe-utoku | 2019-01-19 06:48 | 入荷情報

坂由香里/藍染プルオーバー2種

b0173176_13570311.jpg



1/26まで開催中の「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」より
今日は坂由香里さんの天然灰汁発酵建ての藍染プルオーバーのご紹介です。


夜明けの稜線のような美しい藍色グラデーションは
yohaku定番の吊天竺プルオーバーのサイズ1を染めたもの。
しっかりとコシのある素材で藍の色の変化とともに
長くお使いいただけます。
左端の濃い藍色は無地のサイズ3。
ゆったりと着たい方や男性におすすめです。


ハンガーラックの右端と、その隣は
yohakuのボートネックのコットンリブプルオーバーを染めたもの。
吊天竺よりも柔らかな伸縮のリブ素材を使用。
カラーは2色で濃い藍色の無地と、
スパッタリングの技法で星空を染め抜いたもの。
洗うほどに色が変化してゆくのも藍染の魅力。
ぜひ、お手元で長くご愛用いただければと思います。


UTOKUでyohakuの服と坂さんの藍染の服を
ご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。



 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。









by cafe-utoku | 2019-01-17 06:51 | 入荷情報

坂由香里/藍染トレーナーワンピース

b0173176_15201668.jpg


「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」4日目。

今日は坂由香里さんの藍染作品のご紹介です。

天然灰汁発酵建ての藍染で絞り模様を描いたワンピース。
ベースのyohakuのトレーナーワンピースの杢グレーの色を活かした
柔らかな色合わせが印象的です。
着用すると空色の左袖と円形の模様が立体的になって
まるで月と太陽のようで、身に纏える「芸術品」だなぁとしみじみ。


ショート丈ワンピースはレギンスやパンツのほか、
ロングスカートと合わせても。
↓Sa-Rahのタックロングスカートと重ねてみました。



b0173176_14013985.jpg


藍染の原料は藍の生葉を長期間かけて発酵させたスクモ。
現在、スクモを作る藍師の方は数人しか残っていないそうで、
年々スクモの入手が困難になっているのだそう。
染色の工程の中では素手でなければできないこともあるそうで
坂さんの手はいつも青く染まっています。
撮影時は建てたばかりの若い藍に触れていたため爪や手の甲まで真っ青。
建てた藍は生き物なので管理も大変だとお聞きしました。
藍染作品は多くの方の努力の結晶。
日本のすばらしい手仕事が今後も続けていけるよう
ひとりでも多くの方に手にしていただけたらうれしく思います。



b0173176_21401838.jpg


yohakuの服と坂さんの藍染の服を
UTOKUでご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。






 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。







by cafe-utoku | 2019-01-12 11:58 | 入荷情報

坂由香里/藍染ジップパーカー

b0173176_12004178.jpg


「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」2日目。

今日は坂由香里さんの藍染作品のご紹介です。

天然灰汁発酵建ての藍染で美しいグラデーションを描いた逸品。
厚手素材の染色は手が掛かるそうですが、
境目のないやわらかなグラデーションは厚手素材ならではの産物。
濃い藍、淡い藍、その合間にある藍の表情など
藍の魅力を存分に味わっていただけると思います。

ベースはyohakuの茶綿シリーズの生成り色のジップパーカー。
着心地の良さは折り紙つきです。
藍色の変化とともに長くご愛用いただけます。

藍染の原料は藍の生葉を長期間かけて発酵させたスクモ。
現在、スクモを作る藍師の方は数人しか残っていないそうで、
年々スクモの入手が困難になっているのだそう。
染色の工程の中では素手でなければできないこともあるそうで
坂さんの手はいつも青く染まっています。
撮影時は建てたばかりの若い藍に触れていたため爪や手の甲まで真っ青。
建てた藍は生き物なので管理も大変だとお聞きしました。
藍染作品は多くの方の努力の結晶。
日本のすばらしい手仕事をひとりでも多くの方に
手にしていただけたらうれしく思います。



b0173176_21401838.jpg


yohakuの服と坂さんの藍染の服を
UTOKUでご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。



 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。












by cafe-utoku | 2019-01-10 06:37 | 入荷情報

「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」はじまります


b0173176_16375374.jpg
明日スタートの「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」の
搬入が終わり、予定より早く準備完了しました。
今日、お立ち寄りくださった方々にはお年玉として
一足早くお買い物を楽しんでいただいております。

yohakuからは茶綿シリーズを中心としたベーシックラインが
ずらりと並びました。
坂さんからはyohakuアイテムを藍染したものと
ストールや手ぬぐい、ハンカチなどの小物が届いております。

yohakuの服と坂さんの藍染の服を
UTOKUでご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。



 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。
















by cafe-utoku | 2019-01-08 17:03 | 日々

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

b0173176_13293981.jpg



1月の企画展のご案内です。

恒例となりました"yohaku"の期間限定SHOPを開催いたします。
藍染作家の坂由香里さんからご縁をいただき、
2016年1月から春・夏・冬と回を重ねて10回目の今回は
坂さんの藍染作品とyohakuの合同展示会として開催することになりました。


b0173176_14250615.jpg

どんなお洋服が届くのでしょうか。
今からとても楽しみです。

yohakuの服と坂さんの藍染の服を
UTOKUでご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。



 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。

















by cafe-utoku | 2018-12-23 22:20 | イベント

”流行にとらわれず一緒に年齢を重ねていける服”をコンセプトに、 作り手の顔が見える自然素材の衣服や小物を販売する小さな店。


by utoku
画像一覧
更新通知を受け取る