カテゴリ:入荷情報( 993 )

入荷のお知らせ

b0173176_12162027.jpg




素材の風合いを活かしながら、自然体で過ごせる日常着を制作している
momono-hanaから新作ワンピースなど5点入荷しました。


裾に配したスカラップレースが印象的なドルマンスリーブワンピースは
濃いめの墨染がアンティークな雰囲気で経年変化も楽しんでいただけます。
裾のレースを活かしたレイヤースタイルも素敵です。

ハイウエストワンピースはUTOKU新入荷の「そばかす色」と「モカ茶」の2色。
どちらも製品後に反応染めを施したmomono-hanaらしさが感じられる作品。
たまごプリンのような柔らかな黄色の「そばかす色」は春を先取りしたい方に。
アクセサリー映えする渋色のモカ茶は大人かわいいワンピースをお探しの方に。

リピートして下さる方の多い休日のブラウスとハレルヤベストは
定番カラーのグレーが届きました。
休日のブラウスの小さな襟は大人世代からも大人気。
momono-hanaのボタンダウンテーパードパンツと
休日のブラウス&ハレルヤベストのコーデは鉄板のかわいさ。
ベストと同素材のパンツ(アンクル丈)も在庫がございますので
トータルコーデも実現可能です。

ワンピース3点につきましては新入荷につき
1/30()18時までは店頭販売優先とさせていただきます。
1/26まで開催中の「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」と合わせて
ぜひ店頭で、お手に取ってご覧ください。













by cafe-utoku | 2019-01-23 12:29 | 入荷情報

坂由香里/藍染の遠州コットンロングシャツ

b0173176_13222833.jpg


「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」もあと4日となりました。

今日は坂由香里さんの天然灰汁発酵建て藍で染色した
無地のロングシャツのご紹介です。
ベースとなっているロングシャツは来週から5日間
展示会をしてくださるHUIS.の遠州織コットンの製品。
ボタンも藍染に合う特別なものを配したという
坂さんとHUIS.のコラボレーション作品です。
シャツと羽織りの2wayでお使いいただけるうえ、
男女兼用ですので、ご夫婦やご家族で共用するのもおすすめです。
受注販売のため、ご注文から4週間ほどでお渡しとなります。



藍染の原料は藍の生葉を長期間かけて発酵させたスクモ。
現在、スクモを作る藍師の方は数人しか残っておらず、
スクモの入手が年々困難になっていると聞きます。
そして藍染は色の変化を楽しむ染物。
長くお使いいただくためにはベースとなる服が良質であることも重要で
遠州織物であれば生地の変化も含めて長くお楽しみいただけます。
染めと織物という日本のすばらしい手仕事が今後も続けていかれるよう
ひとりでも多くの方に手にしていただけたらうれしく思います。


yohakuの服と坂さんの藍染の服を
UTOKUでご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。




 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。














by cafe-utoku | 2019-01-23 06:42 | 入荷情報

yohaku/Tシャツ素材のシャツ

b0173176_14595660.jpg





1/26まで開催中の「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」より
yohakuのオリジナルシャツのご紹介です。


先週土曜日にご紹介した坂由香里さんの藍染シャツのベースとして
使用されているシャツで、yohakuオリジナルのテキスタイル
「1×1(イチカケイチ)天竺」というTシャツ生地で作られています。
伸びる素材ならではの着心地の良さと動きやすさ、フィット感は
布帛のシャツでは味わえない新鮮な感覚です。

カラーはオートミールとグレーの2色。
サイズは男女兼用で1と3。
ノーアイロンでも着られる気軽さも魅力です。



UTOKUでyohakuの服と坂さんの藍染の服を
ご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。



 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。














by cafe-utoku | 2019-01-22 06:34 | 入荷情報

坂由香里/Tシャツ素材の藍染シャツ

b0173176_12281990.jpg





1/26まで開催中の「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」より
坂由香里さんの天然灰汁発酵建ての藍染作品のご紹介です。

yohakuのオリジナルテキスタイル「1×1(イチカケイチ)天竺」
で仕立てたグレーベースのシャツに、
生地の表情を損なわぬように藍でほんの少しだけ模様を加えた作品。
linenu worksの遠州織のサルエルパンツと合わせてみました。
伸びる素材ならではのシャツの着心地とともに、
藍で描いた花の表情をお楽しみいただけたらうれしく思います。


藍染は色の変化を楽しむ染物。
長くお使いいただくためには、ベースとなる服が良質で丈夫でなければと
探し求めて辿り着いたのがyohakuさんだったそうです。


UTOKUでyohakuの服と坂さんの藍染の服を
ご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。



 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。











by cafe-utoku | 2019-01-19 06:48 | 入荷情報

yohaku/トリプル吊天竺プルオーバー

b0173176_13570217.jpg




1/26まで開催中の「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」より
yohakuオリジナルテキスタイルを使用したプルオーバーのご紹介です。

昨日ご紹介した坂由香里さんの藍染作品にも使用されている9分袖プルオーバー。
吊り編み機という低速機で編むことで、糸の風合いを残しつつ
コシのあるしっかりとした生地に仕上がっています。
はじめのうちは少し硬さを感じるほどの生地感ですが、
着るほどに、洗うほどに肌馴染みがよくなっていきます。
ほどよい厚さで年間を通して着ていただけます。
カラーは3色の糸が不規則に混じりながら編まれたメランジカラーのネイビー。
脇のスリットがアクセント。
サイズは男女兼用サイズの1~3が届いております。
1枚で着たい方はジャストサイズ、
重ね着したい方は1サイズ大きめがおすすめですが、
洗濯時に身幅が4~6㎝縮みますので、
サイズ選びの参考にしていただけたらと思います。
お手頃価格ですのでバレンタインの贈り物としてもおすすめです。



UTOKUでyohakuの服と坂さんの藍染の服を
ご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。



 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。









by cafe-utoku | 2019-01-18 06:51 | 入荷情報

坂由香里/藍染プルオーバー2種

b0173176_13570311.jpg



1/26まで開催中の「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」より
今日は坂由香里さんの天然灰汁発酵建ての藍染プルオーバーのご紹介です。


夜明けの稜線のような美しい藍色グラデーションは
yohaku定番の吊天竺プルオーバーのサイズ1を染めたもの。
しっかりとコシのある素材で藍の色の変化とともに
長くお使いいただけます。
左端の濃い藍色は無地のサイズ3。
ゆったりと着たい方や男性におすすめです。


ハンガーラックの右端と、その隣は
yohakuのボートネックのコットンリブプルオーバーを染めたもの。
吊天竺よりも柔らかな伸縮のリブ素材を使用。
カラーは2色で濃い藍色の無地と、
スパッタリングの技法で星空を染め抜いたもの。
洗うほどに色が変化してゆくのも藍染の魅力。
ぜひ、お手元で長くご愛用いただければと思います。


UTOKUでyohakuの服と坂さんの藍染の服を
ご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。



 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。









by cafe-utoku | 2019-01-17 06:51 | 入荷情報

yohaku/茶綿ジップパーカー

b0173176_16100263.jpg


1/26まで開催中の「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」より
yohaku定番の茶綿ジップパーカーのご紹介です。

b0173176_17011930.jpg

着心地の良さで人気の前開きフードパーカー。
リピートして下さる方が多い人気のデザインです。
生地はyohakuオリジナル。
肌に当たる裏毛部分はオーガニックコットンで
染色も漂白もしていない自然のままの茶色が特長。
縫い目の凸凹のない「フラットシーマ加工」は
着ると体の形にフィットする肌なじみのよさ。
ダブルジップもおすすめポイントです。
薄過ぎず、厚過ぎず、ほどよい厚さの生地は
真夏以外のスリーシーズン活躍してくれます。
生地の軽さと柔らかさと男女兼用の幅広いサイズ展開。
しかも試着して選べるからジャストサイズで着られる心地よさ。
リピート率の高さにびっくりです。

上質な素材とベーシックなデザインの茶綿シリーズは
大人カジュアルのマストアイテム。
ジップパーカーのほかに、フードパーカー、丸首プルオーバー、
スウェットパンツなどもございます。
カラーはチャコール、キナリ、ネイビー、の定番3色に
シーズン限定カラーのブラック杢の4色。
この季節の茶綿シリーズは色サイズともに品薄なので
色欠け・サイズ欠けがございます。
お気に入りの色とサイズがみつかったら逃さずゲットしてくださいね。


b0173176_17024308.jpg

坂由香里さんの藍染のジップパーカーもおすすめです。

b0173176_12004178.jpg

UTOKUでyohakuの服と坂さんの藍染の服を
ご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。



 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。













by cafe-utoku | 2019-01-16 06:48 | 入荷情報

入荷のお知らせ

b0173176_14230609.jpg




愛媛のSa-Rahから作りたてのお洋服が入荷しました。

好評につきウール100%の開衿ワンピース3色が再入荷したほか
あったか素材のワイドパンツや画像の前後カーディガン、
リトアニアリネンの斜め掛けバッグなども入荷しております。
開衿ワンピースのスノウホワイトとサンドグレーは
長めの着丈が背高さんに人気で、小柄さんにはミントベージュが人気です。
あったか素材で、この冬をあたたかく。

ただいま店内には通常の3倍以上の数のお洋服が並んでおります。
インナー系からコートまで幅広く揃っておりますので
1/26まで開催中の「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」と合わせて、
ぜひ店頭で、お手に取ってご覧ください。








by cafe-utoku | 2019-01-15 14:35 | 入荷情報

yohaku/もちもちニット

b0173176_17492530.png



今日は定休日ですが入荷のお知らせを。

1/26まで開催中の「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」に
yohakuから新作「もちもちニット」が届きました。

わずかに残る日本のニット工場の1つ、
秋田県六郷町にある「六郷プラニング」で編んでもらった
yohaku恒例の残糸を使ったオリジナルニット。
1色の糸では1枚のニットを編むことができない、
工場で半端に余っている糸を組み合わせて作っているので
複雑な色味が他にはない魅力となっています。
モチモチとしたボリュームのある編み目は、
畔編みと呼ばれる表目と裏目を交互に編む技法によるもの。
太糸で編んだざっくり肉厚な見た目に反して軽いのが特長で、
女性でも着やすい1枚となっています。
5色展開で男女兼用4サイズありますので、
ご自身の体型や着こなしに合わせてお選びいただけます。
ぜひ店頭で着心地を体感してみてくださいね。
もちもちニットは人を思う気持ちから生まれたようです。
誕生秘話は下記をご覧ください。

【yohaku渡辺社長のひとりごと/もちもちニット編】

この間、秋田のニット工場に行った時、
11.12月は閑散期だから何か作らないかと言われたそうです。
冬のピークはニットの生産が減ります。
ならば、残糸を使って商品を作りましょう。
工場救済作戦だ!
そこで、あの去年の残糸まだありますかね?と、
確認の電話をしてくれたら、
まだ残っているとのこと。
ならば、それで作りましょう。
大量の残糸+閑散期の工場。
これが重なった時の生産量は恐ろしい程の量ができる。
やばい、工場救済どころではなく渡辺救済して下さいに変わった。
とりあえず第一回モチモチニットです。
まだ残糸は残っているけれど、
まずはモチモチを売らねば私の資金が尽きる。
あーーなんてこった。
今年一年上手に資金繰りができたと思ったのに
資金繰りが急ピンチになりそうだヘルプミー。
いやネガティブになってる場合ではない!!
このニットモチモチしてます畔編みという編み方をしているので、
軽くてモチモチ暖かニットになっています。
3ゲージという編み機で糸を双糸加工をした太くした糸で編んでいるので、
ザックリ肉厚になっています。
私はチクチクが苦手なので、
今回、首が当たらないように襟ぐりを広げたデザインになっています。
サイズは4サイズ色数は5色あります。
最後になりましたが、今回値段は12000円+税。
本当は21000円。
なぜなら、早くお金にしたいからです!
いや!違う!
モチモチ暖かいですよ〜


・・・・・

UTOKUでyohakuの服と坂さんの藍染の服を
ご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。



 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。











by cafe-utoku | 2019-01-14 16:58 | 入荷情報

西日本豪雨災害で再確認した「ウール」の魅力を伝えたい!ローブコートが入荷しました

b0173176_16321613.jpg



「西日本豪雨災害で再確認した「ウール」の魅力を伝えたい!」をテーマに掲げた

クラウドファンディングで資金を募って作られたSa-Rahのローブコートが本日入荷しました。


・素材:ウール70%、コットン30
・サイズ:Free(身幅57㎝、袖丈50㎝、着丈100㎝)
・カラー:オートミールグレー、チョコレートブラウン、ロイヤルネイビー



同素材のベルトリボン(別売)でウエストマークすると、

また違った表情を楽しんでいただけます。


Sa-Rahを再建したいという気持ちが込められたローブコートです。

同素材のAラインワンピースも店頭で販売中で、

ベルトリボンはワンピースに合わせていただいても素敵です。

Sa-Rahのsoldoutアイテムもいろいろ再入荷しておりますので

ぜひ店頭でご覧いただき、お試しいただけましたら幸いです。



b0173176_15413982.jpg




ご希望があれば通販対応(国内のみ)いたしますので【記名メール】でお問い合わせください。
通販のお支払い方法は銀行振込のみ。
配送料並びに振込手数料はお客様負担となります。
ご入金確認後3営業日以内に出荷いたします。









by cafe-utoku | 2019-01-12 16:39 | 入荷情報

町田市にある、お洋服やアクセサリーなど「作り手の顔が見えるモノ」を扱う小さなお店。 流行にとらわれず、一緒に年齢を重ねていける自然素材のお洋服を中心にご紹介しております。


by utoku
画像一覧
更新通知を受け取る