人気ブログランキング |

坂由香里/藍染の遠州コットンロングシャツ

b0173176_13222833.jpg


「yohakuの服、坂由香里の藍染の服」もあと4日となりました。

今日は坂由香里さんの天然灰汁発酵建て藍で染色した
無地のロングシャツのご紹介です。
ベースとなっているロングシャツは来週から5日間
展示会をしてくださるHUIS.の遠州織コットンの製品。
ボタンも藍染に合う特別なものを配したという
坂さんとHUIS.のコラボレーション作品です。
シャツと羽織りの2wayでお使いいただけるうえ、
男女兼用ですので、ご夫婦やご家族で共用するのもおすすめです。
受注販売のため、ご注文から4週間ほどでお渡しとなります。



藍染の原料は藍の生葉を長期間かけて発酵させたスクモ。
現在、スクモを作る藍師の方は数人しか残っておらず、
スクモの入手が年々困難になっていると聞きます。
そして藍染は色の変化を楽しむ染物。
長くお使いいただくためにはベースとなる服が良質であることも重要で
遠州織物であれば生地の変化も含めて長くお楽しみいただけます。
染めと織物という日本のすばらしい手仕事が今後も続けていかれるよう
ひとりでも多くの方に手にしていただけたらうれしく思います。


yohakuの服と坂さんの藍染の服を
UTOKUでご覧いただけるのは会期中のみとなります。
この機会にお試しいただけましたら幸いです。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。




 
++++++++++++++++++++++

yohakuの服、坂由香里の藍染の服

会期:2019年1月9日(水)~1月26日(土) 
 ※日曜・月曜定休
販売:yohaku ・坂由香里
場所:UTOKU(町田市金井町2070-1)
営業時間:12:00~18:00



∴ ∴ ∴

”よい服”を、あなたへ
服を作って、20年。
作り続けてきたからこそ、思うことがあります。

よい服って、何だろう。
品質・値段・素材・産地・生産背景・・・・
どれも、後付けの理由でしかありません。

よい服
それは
つい、手に取ってしまう服では、ないだろうか。
朝起きて、今日着る服を選ぶ時、
アレコレと考える前に”ふと”手がのびる服。
無意識に、身体が、心が、選ぶ服。
それが、他の誰でもない
”自分”にとっての よい服 だと思う。

作り方、デザイン、素材、産地、生産背景etc...
自分たちが思いつく限りの”最善”を尽くして
yohakuは、これまでもこれからも
あなたにとっての”よい服”を作り続けていきます。

yohaku

∴ ∴ ∴


*坂 由香里*略歴
大学卒業後、徳島県の古庄染工場にて天然灰汁発酵建ての勉強をする。
2012年より「sayu」としての活動をはじめ、
現在は自宅に作業場を構え、子育てをしながら活動中。
2014年11月にUTOKUにて個展「藍色日和」を開催。














by cafe-utoku | 2019-01-23 06:42 | 入荷情報

”流行にとらわれず一緒に年齢を重ねていける服”をコンセプトに、 作り手の顔が見える自然素材の衣服や小物を販売する小さな店。


by utoku
画像一覧
更新通知を受け取る