b0173176_17125516.jpg

控えめなキラキラ感がナチュラル素材のお洋服と好相性の
真鍮素材のアクセサリーのメンテナンス方法について
jouerのtomoさんに教えていただきましたので
お伝えしたいと思います。

久しぶりに付けようと取り出してみたら黒ずんでいてびっくり!
そんな経験ありませんか?

楚々とした輝きが魅力の真鍮製品ですが
時間の経過とともに硫化してツヤがなくなり黒ずみます。
店主愛用のハリネズミ君も輝きを失って
気のせいか元気がなさそう。。。

b0173176_16052009.jpg
そのままアンティークな風合いを楽しむのもひとつの方法ですが
ご家庭で簡単にリフレッシュできますので
輝きを取り戻したい方はぜひ、お試しいただきたいと思います。

ご用意いただくのは重曹とお水と布。

重曹をお水で溶いてペースト状にして布に取り
真鍮の表面をこするだけです。
(最後に水で洗い流します)

1分もかからずに、こんなにキレイになりました。
ハリネズミ君もピカピカになってイキイキしています!

お気に入りほど長く大切に使いたいもの。
よかったらお試しくださいね。

b0173176_16053568.jpg

重曹の粒子で表面に傷がつく場合がありますので
特に鏡面仕上げのものなどは十分ご注意ください。
華奢なデザインのものは型崩れしないようになさってください。












[PR]
by cafe-utoku | 2016-11-18 17:17 | 服・服飾小物のメンテナンス

b0173176_13582536.jpg
今日は大人気のSa-Rahガウチョスカートの
メンテナンス等についてのご紹介です。

より履きやすくするためのひとつの方法として
ウエスト部分に市販のゴムひもを
緩めに入れることをおすすめしています。
b0173176_11593974.jpg
着脱の際のずり落ち防止になりますし、
ギャザーが均等になり、見た目もきれいです。

着用したら、脇の縫い目(ポケット口)が
身体のちょうど側面になるように
手直しするのもお忘れなく。。。

ガウチョSKはウエスト紐が結び目で交差するように
入っていますが、
紐の通し口に負荷がかかって
縫い目が解れやすいのが気になるので、
私はゴムを入れた後には、
紐を交差させないように入れ直しています。

次にお洗濯についてですが、
無蛍光の手洗い用洗剤で手洗いし、
脱水後は直射日光を避けて
裏返しで陰干しするのがおすすめです。

自然素材は退色しやすく、
特に端の部分は摩擦で白っぽくなりやすいので
よい状態を長く保つには手洗いがいちばん。

特にインディゴは他のものに色移りしますので
単独でのお洗濯が必須となります。

乾燥後は画像のように捩って保管していただくと
独特のシワ感を楽しんでいただけます。
キャミソールOPも扱い方は同じです。
b0173176_11593203.jpg
捩らなければギャザーの自然なふんわり感を
楽しめますので、お好みで。。。

よかったら参考になさってください^^









[PR]
by cafe-utoku | 2015-08-28 14:23 | 服・服飾小物のメンテナンス

b0173176_10255840.jpg
桜の花も散り、日増しに暖かくなってまいりました。
朝晩の寒さは残るものの、冬服の季節はもうおしまい。

季節柄、洗濯に関するご質問が増えてまいりましたので
Sa-Rahのウール製品と、革パーツを使った
Naoの服の洗濯方法について、お伝えしたいと思います。

お気に入りの服をできるだけ良い状態で
長く楽しんでいただくために、
UTOKUでは「手洗い」をおすすめしています。

軽くて暖かいと好評のSa-Rahのウール素材の服は
実は仕立て上がりの時点で一度洗濯され店頭に並んでいます。

洗うことでウール本来の柔らかな質感が戻ってきますので
是非ご自宅でも、リンス効果の高いウール用洗剤を使って
気軽に押し洗いをしてください。

ウールを洗う際は、お湯の温度が高すぎたり、
洗濯途中での水温差が激しいと
縮みの原因となると言われていますので
30度くらいのぬるま湯で、手早く、やさしく、
脱水も短時間で済ませるのがコツのようです。

革パーツがついたNaoのジレやキャミソールワンピース、
コートなども、ご自宅で手洗いしていただけます。

できるだけ手早く手洗いし、軽く脱水機にかけたあとは、
すぐに取り出して首元部分から裾にむかって
手でしごくようにシワを付けます。
そのシワを伸ばさないように軽く広げて
ハンガーにかけて干してください。
(干す際に裏返しにするとピンチの跡が目立ちません)
乾いた後にも襟元から裾にかけて手でしごくと
自然な感じでシワが残ります。

Naoの服の洗濯ポイントは「長時間水に浸けない」こと。
水に浸ける時間を最小限に手早くおこなうことで
革の色の布への色移りを防ぐことができるからです。
色移りを防ぐため、薄い色の生地には薄い色の革、
濃い色の生地には濃い色の革が使われていますが
お洗濯の際には十分ご注意いただければと思います。

それから意外と多い洗剤に関するご質問。
UTOKUではウール洗いにもお使いいただける
「海へ…」という液体洗剤をおすすめしております。

1日で97%、7日で100%生分解される
環境に負担をかけない洗剤「海へ…」は
海洋タンカーの事故処理研究から生まれた生分解する洗剤で、
微生物に分解されて自然界に還ります。 

ティースプーン1杯で洗濯でき、泡立ちが少なく、
すすぎも1回ですみますので節水にも効果的。
プッシュボトル入りなので量の調節がしやすく、
例えばワンピース1枚を手洗いする際は1プッシュでOK。
抗菌性のあるラベンダーとベルガモットの精油入りですので
部屋干ししてもかび臭くなりません。
洗濯後には香りは残りませんので、香りが苦手な方にもおすすめです。

また、中性なので、強いアルカリが苦手なウールやシルク、
カシミヤなどの ドライマーク衣料も洗えます。
すすぎも軽くで済むので、繊維への負担が軽減されます。
また、柔軟剤を使わなくてもふんわりと仕上がり
生地にシワが残りにくいので、しわ伸ばしも簡単で
洗濯時間が短縮できます。

店内にて500mlのポンプタイプと詰替え用を販売中です。
ぜひ一度お試しください。


















[PR]
by cafe-utoku | 2014-04-10 10:31 | 服・服飾小物のメンテナンス

町田市にある、お洋服やアクセサリーなど「作り手の顔が見えるモノ」を扱う小さなお店。 流行にとらわれず、一緒に年齢を重ねていける自然素材のお洋服を中心にご紹介しております。

by utoku