JȁRVI/すいか と どんぐり

5/27(土)まで開催中のJȁRVI(ヤルヴィ)の作品展「それでも、やっぱりかごが好き」より。
まんまるがかわいい「すいか」。
夏はバッグとして、冬は編みかけの毛糸や、制作途中のパッチワークなどを入れて見て楽しむという方も。
こちらは会期終了後のお渡し(もしくは受注制作)となります。

▼すいか 27,000yen(税込)


b0173176_12455210.jpg


トレンドの「どんぐり」は、今回の作品群の中で唯一の蓋付き。
こちらは会期終了後のお渡し(もしくは受注制作)となる場合がございます。

▼どんぐり 27,000yen(税込)


b0173176_12450387.jpg


ワンハンドルのかごさんは、こんな楽しみ方も♪
革の持ち手はcamphortreeの作品。
茶色のほかに黒やゴールドなど、店内で販売中。。。

b0173176_12434689.jpg


革の持ち手(イタリアンレザー)/camphortree



今年は、お買い上げ当日にお持ち帰りが可能な作品もありますが、
オーダーサンプルを兼ねているものは会期終了後のお渡しとなります。
(個々の値札にお持ち帰りの可否について記載してあります)

また、あけび蔓の入手が例年以上に困難になっているとのことで、
受注制作は数量限定で、店頭在庫が完売したデザインで追加制作が可能なものに限り、
ご注文をお受けいたします(「かじいち」と「かじに」、シェルは受注対象外)。
会期途中であっても予定数に達した時点で締め切らせていただきます。
受注制作のお品のお引き渡し時期は2~3か月後を予定しております。
以上、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

人気沸騰中のJȁRVI(ヤルヴィ)。
原材料となるあけびは国産のものを使用しています。
節取りやひげの処理をしてから編み作業に入るそうですが、せっかく下処理しても、
ものによっては1/3しか使えず、廃棄せざるを得ないことも少なくないとか。
しかも今年はあけび蔓の取れ高が非常に少なく
例年の半分程度しかツルが手に入らないとのことで、
材料を揃えること自体にも大変なご苦労があったようです。
かわいい顔をして並んでいるかごさんたちは苦難を乗り越えてきた精鋭だったのですね。
こうした作品の背景をお聞きすると、より一層愛着がわき、
自然の恵みに感謝して、長く大切に使いたいと改めて感じます。

JȁRVI(ヤルヴィ)は某人気ブランドのかごバッグのかご部分を制作されているaccoさんと、
デザイナーのオザさんのオリジナルブランドです。
35年を超えるキャリアをお持ちのaccoさんの作るかごは
かご好きの方なら誰もが手にしたいと思う憧れの存在。。。
UTOKUでJȁRVI(ヤルヴィ)のかごをご紹介できるのは会期中のみとなります。
この機会に、ひとりでも多くの方に手にしていただけたらうれしく思います。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 それでも、やっぱりかごが好き 】
会期:2017.5.16(tue)-5.27(sat)12:00~18:00
販売:JȁRVI(ヤルヴィ)
場所:UTOKU(東京都町田市金井町2070-1)
定休日:日曜・月曜(会期中もお休みになります)

b0173176_13294051.jpg







[PR]
by cafe-utoku | 2017-05-19 08:29 | 入荷情報

町田市にある、お洋服やアクセサリーなど「作り手の顔が見えるモノ」を扱う小さなお店。 流行にとらわれず、一緒に年齢を重ねていける自然素材のお洋服を中心にご紹介しております。

by utoku